判断材料になる株主優待

判断材料になる株主優待

株式投資でとにかく利益を出したいと思っている人も多いと思います。
利益を出すということは、確かにお得感に繋がりますが、株式投資はまだ他にも色々なお得感が待っています。

それが株主優待です。

株主になれば、その企業ならではの特典や配当金が毎年配布されます。
実際に配当金だけでも十分に利益を上げることは可能です。

株主のことを考え、現在は各企業が株主優待に力を入れていることは事実。
例えば、建築系企業は宿泊優待券。
飲食系企業であれば、関連レストラン、商品の割引券。
このように私たちの生活に密着したお得感がたっぷりです。

そして配当金や優待は毎年条件が変わるのも特徴だと思います。
なぜ毎年変わるかと言うと、企業の業績に関係があります。
業績が悪い企業が、大きな配当金や優れた優待券を出すことは不可能です。

実際に今年は配当金が下がった、または優待が魅力的でなくなった。
この理由のみで株券を売却する投資家もいます。
1つの基準としても良いと思いますよ。

もちろん通常通り株価で利益を出すのは株式投資の醍醐味です。
しかし、優待を購入基準にする投資家も多いということを覚えておきましょう。
それだけ優待は株主になる重要な基準と言っても過言ではないと思います。